Search
Search Menu
合宿免許所の出会い

運転免許の種類

自動車運転免許の種類

運転免許には、普通自動車や普通自動二輪を運転できる第一種運転免許とバスやタクシーなど仕事としてお客様を乗せることができる第二種運転免許があります。まず運転するには、第一種運転免許が必要です。

普通免許は、普通自動車や軽自動車が運転できます。オートマチック車限定の免許とオートマチック車とマニュアル車を運転できる免許があります。今では、オートマチック車限定の免許を取る人が多いようです。車両総重量3.5トン未満、最大積載量2.0トン未満の普通自動車が運転できます。日常で車を運転するだけであれば、普通免許で十分です。
準中型免許は、2017年3月に新設された免許です。車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満の準中型自動車が運転できます。今までは、普通免許を取得してから経験と年齢を重ねて次にステップアップしなければいけなかったのですが、この準中型免許は初めてでも取得することができます。

中型免許は、車両総重量11.0トン未満、最大積載量6.5トン未満の中型自動車が運転できます。取得するには、免許期間2年以上で20歳以上の受験資格が必要です。
大型免許は、車両総重量11.0トン以上、最大積載量6.5トン以上の大型自動車が運転できます。取得するには、免許期間3年以上で21歳以上の受験資格が必要です。
原付免許は、原付(原動機付自転車)だけ運転できます。二輪のスクーターだけでなく、原付の条件を満たした三輪のスクーターや四輪のスクーターなども運転できます。しかし、原付は普通免許を含め他の免許でもほとんど運転できるので、単独で取得する人は多くないです。

自動二輪免許と特殊車両免許の種類

普通二輪免許は、排気量が50cc以上400cc以下の普通自動二輪が運転できます。しかし、排気量が125cc以下であれば小型二輪限定免許で運転することができます。また、普通免許同様にオートマチック二輪車限定免許があります。
大型二輪免許は、排気量が400ccを超えた自動二輪が運転できます。普通二輪免許は16歳以上で取得できますが、大型二輪免許は18歳以上でなければいけません。

小型特殊免許は、16歳以上で取得でき、荷物運搬用車両(フォークリフトなど)や農作業用車両(トラクターやコンバインなど)、道路工事用車両が運転できます。しかし、普通免許や普通二輪免許などほとんどの免許を取得すれば、小型特殊車両は運転できるようになります。
大型特殊免許は、18歳以上で取得でき、特殊車両を公道で運転するために必要になります。現場で作業を行うには別に資格が必要なので、合わせて取得しておきましょう。

牽引免許は、牽引自動車(貨物トレーラーやタンクローリー、キャンピングトレーラーなど)が運転できます。しかし、あくまでも連結車両部分に関する免許なので、牽引免許のみでは車両を走行させることはできません。それぞれ牽引する車両の免許が必要になります。

どんな車両を運転したいか考えよう

運転免許を取得するときには、どんな車両を運転したいのかをよく考えましょう。それぞれ必要な受験資格がありますが、上位免許を取得すれば下位免許の車両も運転できます。例えば、普通免許を取得すれば原付や小型特殊車両を運転できるので、ひとつずつ取得する必要がありません。効率よく取得できるように計画しましょう。

普通大型免許取得にかかる費用です

車の免許は、非常に多くの種類があります。
普通自動車、大型自動車、二輪自動車など、実に多岐にわたっており、それぞれに運転免許が必要となります。
ただし、普通大型免許を所持していれば、中型車や普通車などの車両を運転することが可能なのです。
まさに、大は小をかねるの世界です。
普通大型免許をとれば、一部の例外を除いては、他の免許ととる必要がなくなりますので、費用や手間の点では著しく効率的になってきます。
得であることは言うまでもありません。
ちなみに、大型自動車の区分というのは、明確に定められています。
車両総重量が11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30人以上という3つの条件に一つでも合っていれば、それは大型車になります。
そして、大型自動車第一種免許が必要になってくるのです。
一般自動車よりも車体が大きく、また重くなっていますので、車がカーブを曲がるときには相当に大回りをしなければなりません。
また、日本では道幅が狭い道路が多いですから、大型車の運転は高度な技術を必要とするからなのです。
ですから、専用の免許を摂ることが求められているのです。
普通大型免許を取得するのにかかる費用は、もしマニュアル車の免許を持っている場合であれば、20万円程度というのが標準的な相場となっています。
もし教習所に通って普通大型免許をとるとしたら、おおよそ20~30万円の費用がかかるものと見られています。

合宿免許を取りに行くときの出会い

合宿免許を獲得しに行くのですが、

その合宿所生活。団体生活ではあるのですが、それだけでは辛いです。

運転免許は、男女関係なくとることもできますし、合宿免許で獲得することになると、学生が多いわけでそれも、サークルの仲間や部活の仲間で一緒に取りに行くことが多い。

そこで、団体生活をしていくことで、あまり気にしていなかった仲間やら、いろいろな面が、もちろん、良いことだけではなく悪いことも含めて見えますし、ここから出会いありまして、発展していくことあります。

ここまでは上手いこともありますが、

今まで書いてあることを、狙っている方もいますからね。

もちろん、そこまで気が付くか、お金があれば、そういうことを考えてやる、実行力もあるのでしょうが、そこまでのマメさキメの細かさも必要ですし、同じ目的、目標というものが目の前に、ありますから、そこに向かって、出会うことが最大目標でもあっても、それはテクニックの1つであります。

そこでですけれども、

もし出会いを目的にするならば、目的の方をいかに励まして、そして、自分も成長しながら、座学で覚えないといけないことの共有や、実技での必要なテクニックや、情報をしっかりとお互いに教えあうことできるにする。

そして、オフの時間にしっかりと親睦を深めること。一緒にご飯を食べること。なるべくならば、趣味あうように話を合わせること。それも必要です。

仲間意識で一緒に合格する意欲は1番大切です。

合宿免許で免許と恋人ゲット

合宿免許で免許を取得する目的は、価格が安いとか、早く取得できるといった理由が多くなります。しかしこれだけが大事なこと、楽しみにしていいことでしょうか。

もちろん、それらの理由も合宿免許のメリットではありますが、合宿免許では、他にもメリットがあるのです。

合宿免許に行くことによって、同世代の人たちと知り合えるという点があります。

普段は教習があったり、勉強をしたりするようになりますが、教習がない時には、のんびりと自分の時間を過ごすことが出来るようになります。そして、同じ目的を持った仲間たちの集まる場所でもあるのです。

さらに一人で参加している人たちも多く、話しをする相手がいませんので、何とか誰かと仲良くなりたいと思うようになるでしょう。

そんな思いは、一人で参加している人はみんな思っているものです。

誰かと話をすることによって、合宿免許での不安な事や、楽しいことなどを分かち合うことが出来ますので、同じ目的を持った者同士話も盛り上がるようになるでしょう。

合宿で免許を取るならクレジットカード払いOKの【合宿免許 くりっく】

同性とも出会いはもちろんのこと、異性との出会いもたくさんあります。

食堂で出会う事もありますし、ロビーなどでも出会う事があるでしょう。

ちょっとだけ勇気を出して話しかけてみれば、一人で参加して寂しい思いをしている人は、喜んで話し相手になってくれるものです。

せっかくの出会いですので、話しをしてみたいと思う相手を見つけたら積極的に話しかけていくといいでしょう。

合宿免許に参加して免許も取得して、友人や恋人もまとめてできれば、いろんなものを得ることが出来るようになります。

合宿免許での出会いを大切にしながら免許取得を目指しましょう。

出会いがあるのはうそではない-合宿免許体験談

合宿免許所とは自動車などの免許を教習所に通うのではなく約2週間泊まりがけで免許を取得する場所のことです。私自身も大学が地元ではなく県外へ出たため、なかなか免許を取れる機会がなく、長期休みを利用して取得することにしました。同じような人たちが合宿免許所にはたくさんいます。その合宿所は場所によって異なり、ホテルの1室に部屋として暮らすことの出来るようなリッチな合宿所もありますし、民宿のようなところで大勢で生活を共にする場合もあります。また、街中の場合もありますし、もの凄く山奥にある場合もあります。私の場合は後者の方で、民宿のようなところで1部屋8人くらいで共同生活をする合宿所でした。その部屋はもちろん同性となるのですが、2週間毎日教習や学科授業などで顔を合わせる異性と彼氏、彼女の関係になり、お付き合いが始まることもめずらしくありません。非日常的な出会いの空間となるためです。縁あってか、私もそのうちの一人となることになりました。
免許取得までの流れは通常の教習所と変わりません。仮免までは教習所内で練習をし、同時に学科授業を受けます。仮免に合格すれば路上に出て、最終日前日に実地試験です。ちなみに学科試験は自治体の免許センターで受ける必要があります。友人同士で来ている人たちも多く、1人で参加した私は最初は不安でいっぱいでしたが、毎日ずっと一緒にいると自然と仲良くなれるものです。同室の2人と仲良くなり、楽しい生活を送っていました。合宿所内にはその中でしか使用できない通貨があり、それを持って売店に行くと買い物が出来る仕組みがあったり、定期的にイベントが開催されることもあります。

私も友人とよく売店に買い物に行っていたのですが、そのときに良く出会う男の子たちがいました。年齢も同じくらいで、とても話しやすく、人見知りの私でも自然に話すことが出来たと覚えています。地元はとても遠かったのですが、大学が近くであったため、意気投合し、会うたびに会話をするようになりました。そんな中、夏祭りのようなイベントがあり、なぜか大縄跳び大会が開催されたのです。そこで彼とは同じグループになることになり、協力してみんなで楽しくイベントを満喫しました。距離が近づいたのはその時かもしれません。そこから連絡先を交換し、付き合うことになりました。しかしそれはゲレンデマジックならぬ、合宿マジックだったのかもしれません。彼氏になってからのピークは合宿当時がマックスで、それ以降は下降気味となり3か月くらいで分かれてしまいました。
しかし青春の1ページの思い出として今となっては良かったと思います。

合宿免許では新しい出会いが在ります

合宿免許は短期間の教習で運転免許を取得すること出来ると言うメリットが在ります。

普通の自動車教習所の場合は、都合に合わせて教習を受けていることで3か月から長い人で半年以上もかかる事もありますが、合宿免許は集中的に車の運転を覚えることが出来るため、2週間と言った具合に、短期間の教習で運転を覚えることが出来るメリットが在ります。

また、車の運転と言うのは間が空いてしまうとどうしても覚えられない事も在ります。

合宿免許の場合は決められた期間の中でカリキュラムが組まれ、1日の大半を車の運転の練習に当てることが出来るため、大半の人が短期間で車の運転を覚えることが出来るなどのメリットが在ります。

尚、合宿免許と言うのは地方などに在る教習所を利用して運転の練習を行う事になるため、春休みや冬休み、そして夏休みなどの時期と言うのは多くの人々が集まる事になります。

しかも、色々なエリアから集まって来るので、新しい出会いが在ると言う魅力もあります。

普通の教習所では出会うことが出来ない異性との出会いも在れば、同性の出会いも在ります。

そこで意気投合することで以降の付き合いが始まる事も在るなどの魅力も合宿免許にはあるため、出会いを求めて合宿免許を利用される人も少なく在りません。

自分の場合も、出会いがあるかもしれないと合宿免許を選びましたが、教習の合間にランチを楽しんだり、夜などはお酒を楽しむ新しい仲間や異性と出会うことが出来たのは合宿免許を選んで良かったと思う事です。

出会いも期待できる合宿免許

自動車運転免許を取得する制度の一つに合宿免許取得制度があります。自動車運転免許を取得するために泊り込みで講習を受ける制度ですが、これには様々なメリットが存在します。短期間集中型で講習を受講するため、通常よりも短期間で自動車運転免許を取得することが可能です。その他、費用面でも割安で自動車運転免許を取得することができます。また、合宿免許でのメリットの一つとして出会いがあること、これも挙げられます。出会いといってもやましいものではありません。合宿免許取得には実に様々な人が参加します。年代も性別も違う人との出会いがあることも合宿免許取得の醍醐味なのです。自動車運転免許を取得するという同じ目的を持った様々な人が集まるため、色々な考え方や価値観を得ることができます。人によっては合宿免許講習で知り合った人と卒業後も友達として付き合っている人も少なくありません。自動車に関わる現場ですので多くはレースチームを一緒に立ち上げたり、泊り込みでドライブに行ったりと色々な形で縁が続いているようです。このように合宿免許取得の現場では日常では経験できない出会いもあるのです。最初は知らない人たちと泊り込みで自動車運転免許取得の講習を行うことに抵抗がある人が大半ですが、同じ目的を持った人同士で、合宿を行うにつれて次第にその仲間たちと打ち解けることができ、人生の中でもとても大切な出会いを経験できる人も少なくありません。

出会いは、彼氏、彼女だけではなく仲のいい友達を作るという事もまた出会い、もう5年も前の出会いですが、教習所の教官と非常に仲良くいまだにしています。こんな出会いもまた楽しいです。

合宿免許の口コミサイト【合宿免許口コミ広場】なら合宿所別、年齢別、ランキング、女性の口コミなどチェックできます!

出会いなら合宿免許にある

合宿免許のメリットといえば、短期間で免許が取得できる、通常よりも安く講習を受けるといったことが挙げられますが、出会いもあるのが特徴です。出会いといってもいろんな種類があり、友達であったり、もちろん男女の出会いもあります。通常の自動車学校であれば、顔なじみ程度になりますが、合宿免許は2週間ほどの期間ずっと一緒に居ますので、知らずに仲良くなることができます。まるで学校にいるような感覚で講習を受けることになりますので、仲良くなる機会も自然に多いです。それは合宿免許ならではのシステムがそうされています。

限られた期間で免許を取得することになりますので、遊んでる暇はありません。それなのに出会いがあるのは、基本土日祝日といった日は休みの学校が多く、しかもリゾート地に自動車学校が立地されていることもあって、その期間で遊ぶことができますので、仲良くなります。遊べる場所があるというのは、同年代やもしくは男女であれば、自然に仲良くなれる機会も多いです。また学校自体が交流会と評して、食事会を開くこともありますので、おのずと仲良くなれる機会があります。

運転免許と一緒に出会いも取得できたという人が多いのが合宿免許に参加した人たちからよく聞かれます。そのまま免許を取得し、自動車学校で出会った人とドライブをすることもできるでしょう。免許取得できるためのメリットが多く、なおかつ出会いもありますので、合宿免許のメリットは大きいです。

現に私の今の彼女は合宿免許で出会いました。私は東京、彼女は静岡です。遠距離恋愛となり連絡を取り合うだけの日々が続きますが、いってよかったなとすごく思える人です。こんな気持ちにさせてくれる人に出会うという事もあるんだと楽しみにしてもいいと思います。

どの教習所が人気?合宿免許ランキング!

約2週間、集中的に教習を受けることができる合宿免許。短期間で免許を取得することができるため、勉学や遊びに忙しい学生から人気があります。教習所は全国各地にあり、特徴や受けられるサービスが違うため、どこを選んだらいいのか迷ってしまうものです。ここでは、人気の合宿免許教習所をランキング形式で紹介していきます。

合宿免許教習所人気ランキングTOP5

全国各地の合宿免許教習所人気ランキングをTOP5まで紹介します。教習所を選びに悩んだときの参考にしてください。

第1位:新潟中央自動車学校(新潟県)

新潟駅の近くにあるため、周辺へのアクセスが良好です。駅の近くには宿泊施設だけでなく、ショッピングやグルメを楽しめる施設が豊富にあります。空き時間などに気軽に利用することで、飽きることなく快適に過ごすとが可能です。カップルプランも用意されていて、同じ部屋で勉強を教え合ったり励まし合ったりすることができ、充実した合宿生活を送ることができます。

第2位:信州伊那自動車教習所(長野県)

女性専用のシングルルームが充実している教習所です。宿泊施設には、オートロックシステムと防犯カメラを設置しています。複数の管理人が常駐しているため、セキュリティ対策が万全です。食事はヘルシーで栄養バランスが考えられており、週に1度のケーキバイキングも人気があります。女性に嬉しいサービスが豊富に用意されていて、友達同士だけでなく一人でも安心して参加することができます。

第3位:那須自動車学校(栃木県)

リゾート地として有名な栃木県の那須高原にあります。宿泊施設が充実していて、シングルルームだけでなく相部屋を選択することも可能です。肌への負担が少なく、美肌効果もあるとされる乃木温泉に無料で入浴できるサービスが用意されています。毎日3食バイキング形式で食事をすることができ、メニューはボリュームがあって栄養が豊富です。名物の宇都宮餃子は、若い学生の方にも好評です。

第4位:浜名湖自動車学校(静岡県)

観光名所として名高い浜名湖の近くにある教習所です。浜名湖近くに教習所が用意されており、景観を楽しむことができます。海水浴場では潮干狩りやマリンスポーツを楽しむことができるため、空き時間に息抜きをすることも可能です。開放的な道路では、爽快感を味わいながら運転をすることができます。合宿期間中にリゾートを楽しみたいという学生の方に人気です。

第5位:米沢ドライビングスクール(山形県)

校内にレジャー施設が多数あるのが特徴です。テニスコートや卓球場、バスケットリングなどが用意されていて、運動をしたいときに最適です。無料で自転車を借りられるため、合宿期間中は自由に利用することができます。また、入校期間中であれば、1回に限り米沢牛を堪能することができる特典を付けることも可能です。料金もリーズナブルで、快適な学習環境が整っていることから、学生を中心に人気があります。

自分に合う所を選ぼう

免許合宿に行くのであれば、楽しみながら免許を取りたいという方が少なくありません。友達同士だけでなく一人でも楽しむことができる教習所はたくさんあります。自分に合った合宿免許教習所を選び、免許を取得してみてはいかがでしょうか。

普通第二種免許とは

タクシー運転手になるのに、必須となるのが普通第二種免許です。普通第二種免許とはお金を稼ぐために、お客様を乗せて運転をするという職種に必要な免許で、タクシー運転手は普通自動車なので、普通第二種免許ですが、バスなどは大型第二種免許が必要となります。他にも大型特殊第二種免許と牽引第二種免許もあります。普通第二種免許の受験資格は21歳以上とされておりますが、第一種免許を取得してから3年が経っていないと21歳以上であっても受験することが出来ません。また、普通第一種免許と同様視力や聴力などの規定があります。第二種免許を取得するための流れとしては、普通第一種免許と同様、学科試験を合格後技能試験が行われます。第二種免許の場合には、学科試験と技能試験を合格した後に応急救護処置講習と旅客者講習を受けると免許証を取得できます。学科試験はマークシート式で95問となっており、100点満点中95点以上が合格ラインとなっており、一種免許に比べると問題も難しく、合格点も高くなっています。さらに大型第二種免許や牽引第二種免許、大型特殊免許とも問題が同じなので、普通第二種免許を取得するための学科試験でもバスなどの問題も出るので、勉強しなくてはなりません。しかし、普通一種免許を取得する際に学んだことも関係しているので、一から勉強する必要はないので、思い出しながらやると問題ないでしょう。技能試験では第一種免許取得のときと同じように、教習所内で練習して試験を行い、その後路上に出て試験を行います。こちらも採点の合格ラインは90点と普通第一種免許に比べて高くなっており、お客様を乗せるという意味合いでも採点基準も厳しくなっています。教習所内での試験では縦列駐車や方向転換、鋭角のコースの旋回などがあります。第二種免許を取得しようと思う方は、運転に自信のある方が多く、試験に出題されるコースはなんなくこなせるのですが、自分の運転の癖がついているため、正確な運転と判断されず減点されてしまうケースが多くあります。自分の癖を直し、運転技術を磨く必要があります。普通第二種免許はお客様を乗せてサービスを行うための免許のため、普通第一種免許より試験が難しく、採点基準も厳しくなっています。人の命を預かるという大切な役目があるので、厳しくなるのは当たり前のことです。タクシー運転手やバスの運転手になるためにはこの難関を突破しなくてはなりません。

合宿免許の相場と宿泊施設の関係

安く自動車免許を取得するなら合宿免許が良いと言われますが、実際の費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。また、通学と比べた場合、費用はどの程度違うのでしょうか。このことを考えるにあたって、まず合宿免許の費用の中には、宿泊費や食費、交通費の一部が含まれているということをおさえておく必要があります。仮に、通学と同程度の料金であった場合、2週間分の食費や宿泊費を差し引けば、やはり3万円前後は安いと考えることができます。 合宿免許の費用を大きく左右するのは宿泊施設です。安いと言われる合宿免許でも、比較的高額になりがちなのが、ホテルに宿泊する場合です。高級なホテルであればあるほど、費用は高くなっていきます。少しでも安く自動車免許を取得したいと考えている人にとっては、高額なホテル泊は避けたいところでしょう。それに対して自前で宿泊施設を持っている自動車学校の場合は、ホテルよりも安くなることが多いです。 具体的に費用に関しては、8月の最も高くなるシーズンにおける合宿免許の相場は25万円~30万円程度です。そして、オフシーズンになると20万円~25万円が相場となります。自動車学校の中には20万円以下で参加できるところもあります。また、早割やグループ割引などを設定しているところも多いので、うまく利用すると良いでしょう。地域によって比較的安い地域と高い地域もあるようです。自宅からの距離が遠いほど、一部補助があったとしても交通費がかかってしまうので、結果的に関東周辺の合宿免許が人気があるようです。