Search
Search Menu

カップルで合宿免許に参加するメリットとデメリット

教習所の中にはカップル用の合宿免許プランを用意している施設があり、男女2名で同じ宿泊施設に泊まって合宿免許の参加が可能です。この記事では、カップルで合宿免許に参加するメリットとデメリットを紹介します。

カップルで合宿免許に参加するメリット

カップルで合宿免許に参加するメリットを見てみましょう。

同棲気分で教習所に通える

合宿免許で自動車運転免許を取得する場合、教習所で授業を受けている時間以外は宿泊施設や教習所付近で自由な時間を過ごせます。カップルプランで合宿免許に参加すると、男女2名で1部屋に宿泊する場合が多いです。合宿免許で自動車運転免許を取得するためには短くても14日間は教習所に通う必要があるため、約2週間1つの部屋で恋人と生活することになります。そのため教習所に通いながら、同棲気分を味わえるのです。

1人で申し込むよりも費用が安くなる

教習料金の価格設定は教習所によって異なりますが、どの教習所でも1人で申し込むよりも複数人で申し込む方が合宿免許にかかる費用が安くなります。宿泊施設の利用料金も、シングルルーム2部屋よりもダブルルーム1部屋やツインルーム1部屋の方が安いのです。カップルで2人とも運転免許を取得していなくて少しでも費用を安くしたい場合には、カップルプランで合宿免許に申し込むことを推奨します。

2人で共有できる思い出がつくれる

教習所での苦労や癖のある先生の話、車を運転して感じたことなど、同じ教習所で運転免許を取得したからこそ共有できる思い出がつくれます。恋人との思い出が少ない人や、忙しくて旅行や遠出ができないカップルには合宿免許のカップルプランがおすすめです。

カップルで合宿免許に参加するデメリット

カップルで合宿免許に参加するデメリットを見てみましょう。

喧嘩をすると気まずい

先述したように、カップルで合宿免許に参加すると同棲気分で約2週間同じ部屋で生活できるメリットがあります。しかし同じ部屋で生活するからこそ、喧嘩をしてしまうと気まずい状態が続くデメリットがあるのです。距離をおいて頭を冷やしたいと思っても、教習所での授業が終わると同じ部屋に帰らなければいけません。同棲して初めて相手の嫌な部分に気付いてしまうのと同じように、合宿免許で四六時中一緒にいることで今まで見えなかった相手の嫌な部分が見えてきてしまう可能性があります。カップルで合宿免許に参加したい場合は、合宿免許の前に旅行やお泊りデートなどでいつもより長い時間一緒に過ごしてみるのがおすすめです。

宿泊費用にお金がかかる

カップルでの参加に限らず、合宿免許では通学免許とは内容が異なるまとまったお金が必要になります。運転免許を取得するための教習費用に加え、宿泊や食事など、教習所付近に泊まって生活していくためのお金を用意しなければいけません。

新しい友達ができにくい

合宿免許にカップルで参加すると友達づくりに焦る必要はありませんが、ずっと恋人と一緒にいることで新しい友達ができにくいデメリットがあります。特に異性の教習生や教官と話すのに気を遣ってしまったり、恋人が異性と話すのを気にし過ぎてしまったりする人もいるでしょう。束縛しやすい人や嫉妬心を感じやすい人には、カップルでの合宿免許への参加はおすすめできません。

カップルで合宿免許に参加すると恋人の新たな一面が見える

カップルで合宿免許に参加すると、良くも悪くも恋人の新しい一面が見えてきます。同じ部屋で長い時間過ごすことで結婚を想像する人もいれば、嫌な部分を知ってしまう人もいるのです。デメリットを理解したうえで恋人と合宿免許に参加してみたい人は、カップル用の合宿免許プランを用意している教習所を探してみましょう。

Leave a Comment

Required fields are marked *.