Search
Search Menu

免許の取得方法によって異なるメリットデメリット

運転免許はいくつかの取得方法が用意されていて、それぞれ特徴が異なります。今回ご紹介するのは、取得方法によって変わるメリットやデメリットについてです。

通学で取得するメリットとデメリット

いくつかある運転免許の取得方法の中でも、比較的多くの人が利用しているのが通学です。これは文字通り自宅から教習所に通いながら取得を目指す方法になります。通学免許を利用する大きなメリットの一つが利便性です。通学はその都度予約を取って受ける形となるので、自身のプライベートを優先させることができます。決められた期限内に卒業試験に合格をすれば問題ないため、仕事や学校で忙しい人でも安心です。ただし、
予約は先着順となるため、週末や夏休みなどの長期期間中は自分の希望する日にちや時間に取れないケースも珍しくありません。そのため、ほかの方法に比べて取得までに時間が掛かってしまうというデメリットもあります。

合宿で免許を取る利点と注意点

通学と並んで人気の取得方法に合宿があります。こちらは文字通り教習所が管理する宿泊施設で生活をしながら勉強していく方法です。合宿ならではのメリットの一つに取得期間の早さがあります。合宿免許は予め教習所が定めたカリキュラムに沿って授業を受けるのが特徴です。そのため、通学のように繁忙期を理由に自分の希望する時間に教習が受けられなくなるといった心配がありません。朝から夕方まで1日を通して無駄を省いて勉強をすることができることから、平均2週間前後で取ることができます。通学の取得期間の平均が数か月であることを考えれば、この点は大きな魅力です。合宿免許は通学に比べてトータルで掛かる費用を抑えられるというメリットもあります。

ただし、メリットだけでなく気を付けなくてはいけない点もあって、その一つが拘束です。前述したように合宿は時間割に従って授業を受けなくてはいけないため、入学から卒業まで拘束されることになります。仕事や学校に通っている場合には事前に2週間前後の休みを取っておかなくてはいけません。車の免許は決められた学科と実技の講習を終えて試験を受けるのが基本の流れです。万が一試験に落ちて定められた期日を過ぎてしまうと延長料金を請求されることもあります。

一発試験の特徴と注意点

数ある運転免許の取得方法の中でも、特殊な方法に分類されるのが一発試験です。学科や実技の講習を受けてから試験に臨む通常の方法とは異なり、試験だけを受けるのが特徴になります。とはいえ、試験に合格をしたからといってその場で免許が交付されるわけではなく、必要最低限の講習は受けなくてはいけません。一発試験を利用するメリットは時間と費用の節約です。本来受けるべき学科26時間、実技34時間を受けないことで期間を大幅に短縮できます。費用も受験に掛かる数千円程度です。仕事の関係などですぐにでも免許が必要という人に最適と言えます。

デメリットは難易度の高さです。試験内容自体は通常と変わりはありませんが、運転のアドバイスを事前に教官から教えてもらえないことでハードルが高くなります。何らかの事情で失効したなど、過去に運転経験がある人であれば問題はありませんが、初心者が一回で合格するのは難しいのが実情です。

自分に合った方法を見つける

運転免許の取得方法はそれぞれメリットもあればデメリットになる部分もあるので、特徴をよく理解した上で自分に合った方法を選択することが大切です。

Leave a Comment

Required fields are marked *.