Search
Search Menu
合宿免許所の出会い

合宿免許の空き状況は時期によって変わる

合宿免許の空き状況というのは時期によっても当然変わるものであり、空きがないときもあれば簡単に入ることができる時期もあります。 合宿免許は最短で免許を取ることを目的としているものですから、規定の人数以上詰め込むということはできないので時期によっては早い者勝ちとなってしまいます。 空きが少ない時というのは概ね決まっていて、学生の長期休暇の時期が最も多いものとなっています。 高校生が卒業をして就職や進学をするまでの一ヶ月間であったり、あるいは夏休み期間に冬休みの間に取るという人達も多いのでこのような時期は多めになります。 大きな連休があるときにも空き状況が少なくなりやすく、ゴールデンウィークなどの前後となれば社会人であっても有給などを使うことによって合宿免許を利用することができるので、この時期も空きが少なくなることは多いものです。 逆にそれ以外の時期に関してはまとまった休みが必要となるだけに、まとまった休みを取ることができる人でなければ利用をすることができないためそれほど空き状況がギリギリということはなく、むしろその逆でかなり余裕を持って入ることができるので空きがなくて入ることができなかったということはほぼありえないものとなります。 しかし、それは絶対ではありませんし閑散期は定員を絞るということもありえますから、その結果として空き状況が無いということも出てくるので確認をしておかなければならないのは違いありません。

短期間でカリキュラムをこなせる合宿免許

私たちの暮らしに自動車の存在は欠かせないものです。これを法を遵守して運転するには然るべき教習施設でカリキュラムを受講し、免許試験をクリアする必要がありますが、街の中心部にある教習所ではなかなか自分の思うように予約が入れられず、キャンセル待ちなどで足繁く通ったとしても3ヶ月ほどの期間がかかるケースも少なくありません。 こういった期間的な課題を克服し、できるだけ短期間で免許取得のための学科習得を行うにはどうすればよいでしょうか。そんなニーズに応えるべく設置されて人気を博しているのが合宿免許です。合宿免許は通常の街の中心部に位置するような教習所システムとは一線を画し、地方部にある教習所や合宿設備などを活用した短期間集中型のコースのこと。参加者は合宿所や付近のホテルや旅館などの宿泊施設に泊まりながら、午前中から夕方までの時間を学科や実車などの教習にあてます。もちろん、参加申し込みにて予約が受け付けられるとあとはキャンセル待ちなどすることなくスムーズに受けられるのも便利なポイントです。その土地ならではの美味しいものや自然の空気、温泉や観光なども楽しみつつ、その期間中に一緒になった学友とも仲良くなれることは間違いありません。 これらの合宿免許は特に、夏休みに向けて申し込みが殺到する傾向にあります。それもそのはず、大学や専門学校などでは長期休暇のこのひと時に集中してカリキュラムをこなしてしまいたいとする人が多く、最短だと2週間程度で全科目を習得することができます。まさにこの時期だからこそ打ち込むことのできる、学生ならではの特権と言えるでしょう。逆にこの時期は早い段階から予約が殺到しますので、できるだけ早期に申し込むことが得策です。

少しでも安く合宿免許を利用したい

自動車やバイクの運転免許を取得するためには教習所に通わなければならず、その教習料金は決して安い金額ではありません。
基本的な料金もさることながら、教習が滞ってしまい、補習を受けなければならなくなると、その分の費用も追加されてしまいます。まとまった期間に通うことができれば運転にも慣れやすく、技術を習得するのもスムーズですが、忙しくて中々通うことが出来ないとなると、前に受けた講習の内容を忘れてしまったり、不慣れなままで講習を受けることになり、補習を受ける可能性も高くなってしまいます。
こうしたことを解決するのに、合宿免許を利用して短期間で免許をとるというのも一つの方法です。合宿免許は決められた期間、泊まりこみで教習を受けることができ、その間の宿泊費や食費などの滞在費も講習料に含まれているので、結果として非常に安い価格で免許をとることができるというものです。しかし、教習所によってもその金額には違いがありますし、利用する宿泊施設によっては割高になってしまうケースもあるので事前によく調べておく事が大切です。
これ以外に料金に大きく影響するのが合宿免許を利用する時期です。夏休みや冬休みなど、利用者が多くなる繁忙期では料金が割高になり、逆に利用者が少ない時期は料金も格安になります。時間に余裕がある、あるいはスケジュールの調整が可能なのであればこうした安い時期に利用することで免許取得にかかる費用を更に節約できます。

免許の取得方法によって異なるメリットデメリット

運転免許はいくつかの取得方法が用意されていて、それぞれ特徴が異なります。今回ご紹介するのは、取得方法によって変わるメリットやデメリットについてです。

通学で取得するメリットとデメリット

いくつかある運転免許の取得方法の中でも、比較的多くの人が利用しているのが通学です。これは文字通り自宅から教習所に通いながら取得を目指す方法になります。通学免許を利用する大きなメリットの一つが利便性です。通学はその都度予約を取って受ける形となるので、自身のプライベートを優先させることができます。決められた期限内に卒業試験に合格をすれば問題ないため、仕事や学校で忙しい人でも安心です。ただし、
予約は先着順となるため、週末や夏休みなどの長期期間中は自分の希望する日にちや時間に取れないケースも珍しくありません。そのため、ほかの方法に比べて取得までに時間が掛かってしまうというデメリットもあります。

合宿で免許を取る利点と注意点

通学と並んで人気の取得方法に合宿があります。こちらは文字通り教習所が管理する宿泊施設で生活をしながら勉強していく方法です。合宿ならではのメリットの一つに取得期間の早さがあります。合宿免許は予め教習所が定めたカリキュラムに沿って授業を受けるのが特徴です。そのため、通学のように繁忙期を理由に自分の希望する時間に教習が受けられなくなるといった心配がありません。朝から夕方まで1日を通して無駄を省いて勉強をすることができることから、平均2週間前後で取ることができます。通学の取得期間の平均が数か月であることを考えれば、この点は大きな魅力です。合宿免許は通学に比べてトータルで掛かる費用を抑えられるというメリットもあります。

ただし、メリットだけでなく気を付けなくてはいけない点もあって、その一つが拘束です。前述したように合宿は時間割に従って授業を受けなくてはいけないため、入学から卒業まで拘束されることになります。仕事や学校に通っている場合には事前に2週間前後の休みを取っておかなくてはいけません。車の免許は決められた学科と実技の講習を終えて試験を受けるのが基本の流れです。万が一試験に落ちて定められた期日を過ぎてしまうと延長料金を請求されることもあります。

一発試験の特徴と注意点

数ある運転免許の取得方法の中でも、特殊な方法に分類されるのが一発試験です。学科や実技の講習を受けてから試験に臨む通常の方法とは異なり、試験だけを受けるのが特徴になります。とはいえ、試験に合格をしたからといってその場で免許が交付されるわけではなく、必要最低限の講習は受けなくてはいけません。一発試験を利用するメリットは時間と費用の節約です。本来受けるべき学科26時間、実技34時間を受けないことで期間を大幅に短縮できます。費用も受験に掛かる数千円程度です。仕事の関係などですぐにでも免許が必要という人に最適と言えます。

デメリットは難易度の高さです。試験内容自体は通常と変わりはありませんが、運転のアドバイスを事前に教官から教えてもらえないことでハードルが高くなります。何らかの事情で失効したなど、過去に運転経験がある人であれば問題はありませんが、初心者が一回で合格するのは難しいのが実情です。

自分に合った方法を見つける

運転免許の取得方法はそれぞれメリットもあればデメリットになる部分もあるので、特徴をよく理解した上で自分に合った方法を選択することが大切です。

カップルで合宿免許に参加するメリットとデメリット

教習所の中にはカップル用の合宿免許プランを用意している施設があり、男女2名で同じ宿泊施設に泊まって合宿免許の参加が可能です。この記事では、カップルで合宿免許に参加するメリットとデメリットを紹介します。

カップルで合宿免許に参加するメリット

カップルで合宿免許に参加するメリットを見てみましょう。

同棲気分で教習所に通える

合宿免許で自動車運転免許を取得する場合、教習所で授業を受けている時間以外は宿泊施設や教習所付近で自由な時間を過ごせます。カップルプランで合宿免許に参加すると、男女2名で1部屋に宿泊する場合が多いです。合宿免許で自動車運転免許を取得するためには短くても14日間は教習所に通う必要があるため、約2週間1つの部屋で恋人と生活することになります。そのため教習所に通いながら、同棲気分を味わえるのです。

1人で申し込むよりも費用が安くなる

教習料金の価格設定は教習所によって異なりますが、どの教習所でも1人で申し込むよりも複数人で申し込む方が合宿免許にかかる費用が安くなります。宿泊施設の利用料金も、シングルルーム2部屋よりもダブルルーム1部屋やツインルーム1部屋の方が安いのです。カップルで2人とも運転免許を取得していなくて少しでも費用を安くしたい場合には、カップルプランで合宿免許に申し込むことを推奨します。

2人で共有できる思い出がつくれる

教習所での苦労や癖のある先生の話、車を運転して感じたことなど、同じ教習所で運転免許を取得したからこそ共有できる思い出がつくれます。恋人との思い出が少ない人や、忙しくて旅行や遠出ができないカップルには合宿免許のカップルプランがおすすめです。

カップルで合宿免許に参加するデメリット

カップルで合宿免許に参加するデメリットを見てみましょう。

喧嘩をすると気まずい

先述したように、カップルで合宿免許に参加すると同棲気分で約2週間同じ部屋で生活できるメリットがあります。しかし同じ部屋で生活するからこそ、喧嘩をしてしまうと気まずい状態が続くデメリットがあるのです。距離をおいて頭を冷やしたいと思っても、教習所での授業が終わると同じ部屋に帰らなければいけません。同棲して初めて相手の嫌な部分に気付いてしまうのと同じように、合宿免許で四六時中一緒にいることで今まで見えなかった相手の嫌な部分が見えてきてしまう可能性があります。カップルで合宿免許に参加したい場合は、合宿免許の前に旅行やお泊りデートなどでいつもより長い時間一緒に過ごしてみるのがおすすめです。

宿泊費用にお金がかかる

カップルでの参加に限らず、合宿免許では通学免許とは内容が異なるまとまったお金が必要になります。運転免許を取得するための教習費用に加え、宿泊や食事など、教習所付近に泊まって生活していくためのお金を用意しなければいけません。

新しい友達ができにくい

合宿免許にカップルで参加すると友達づくりに焦る必要はありませんが、ずっと恋人と一緒にいることで新しい友達ができにくいデメリットがあります。特に異性の教習生や教官と話すのに気を遣ってしまったり、恋人が異性と話すのを気にし過ぎてしまったりする人もいるでしょう。束縛しやすい人や嫉妬心を感じやすい人には、カップルでの合宿免許への参加はおすすめできません。

カップルで合宿免許に参加すると恋人の新たな一面が見える

カップルで合宿免許に参加すると、良くも悪くも恋人の新しい一面が見えてきます。同じ部屋で長い時間過ごすことで結婚を想像する人もいれば、嫌な部分を知ってしまう人もいるのです。デメリットを理解したうえで恋人と合宿免許に参加してみたい人は、カップル用の合宿免許プランを用意している教習所を探してみましょう。

合宿免許は友達と一緒に利用できるから安心!

友達と一緒に運転免許の取得を考えているのなら、合宿免許を検討してみるのがおすすめです。どんなメリットやデメリットがあるのかチェックしてみましょう。

合宿免許ってそもそもなに?

運転免許の取得方法は大きく、通学免許と合宿免許とに分けることができます。通学免許は文字通り、自動車学校へと通学をしながら取得を目指す方法で、スタンダードな選択肢と言えます。多くの生徒は通いながら免許取得を目指しますが、一方では合宿免許が選ばれるケースも少なくありません。合宿免許というのは、宿泊施設を利用しながら自動車学校での生活を送るスタイルのことで、通学免許にはないメリットもあって選択されています。例えばスケジュールが予め決まっているため、短期間で卒業をすることが可能ですし、長期休みを利用して参加をする学生もいます。

友達同士で参加OK!

合宿免許は、友達同士で参加可能なのがメリットのひとつです。大抵の合宿免許では、相部屋プランを選択することが可能ですので友達と一緒の部屋で過ごすことができますし、同じペースで学科や技能を受け進めていくことが可能です。仮に一人での参加ですと、食事の時に独りぼっちになったり、話し相手を作れず不安になったりすることもありますが、友人と一緒に参加をすれば寂しい思いをすることもないはずです。また、滞りなく講習を進めることができれば、同タイミングで卒業をすることもできるため、友人と差がついてしまう心配もないでしょう。グループで参加をするケースも多く、仲の良い友達を集め、複数人で一緒に合宿免許を利用するのもおすすめと言えます。

割引が適用されることも!

運転免許の取得には決して安くない費用が発生しますので、取得に伴い金銭的負担を心配する人もいることでしょう。そんな時にも合宿免許はおすすめであり、リーズナブルな料金プランを用意していますので負担をコンパクトに抑えることができます。加えて、友達と参加をする場合ですと、さらに割引が適用される自動車学校もあるため、少しでも負担を減らしたいのなら、友人同士で参加することを計画してみると良いでしょう。

友達と参加をするデメリットもある?

仲の良い友人と一緒なら安心をして合宿免許を利用できます。ただ、一方ではデメリットとなる部分もありますので把握しておきましょう。ひとつは、共に生活をすることによって、思わぬストレスが生じる可能性が挙げられます。例えば、いびきがうるさくて眠れなかったり、部屋を汚く利用することが気になったりなど、相部屋での生活ですと普段は気にならないことが気になり、ケンカに発展するようなケースもあるのです。合宿中は基本的に途中で帰ることはできませんので、もしも心配があるのならば、個室参加を検討してみた方が良いかもしれません。

卒業タイミングがずれる可能性があるのもデメリットでしょう。得意不得意があるため、もしかしたら友達とは、一緒に卒業ができなくなることもあり得ますし、それによって気まずい気持ちになることも考えられます。しかし友達と一緒に参加をすれば、分からないところを教え合うこともできますので、協力をしながら同時卒業ができるよう努めると良いでしょう。

運転免許の取得なら合宿免許もアリ!

一人での免許取得は心許ない、そんな時でも友達と参加ができる合宿免許なら安心です。参加をして良かったという卒業生からの声も多く、楽しい思い出も作れるのではないでしょうか。

女性に人気の合宿免許

合宿免許と聞くと楽しそうな反面、女性一人で行く事については不安に感じる人も少なくありません。この記事では通学免許と合宿免許の比較、合宿中の過ごし方などについて紹介します。

通学免許と合宿免許の比較

免許取得を考えた時、まず迷うのが合宿免許にするか、通学免許にするか?という点です。合宿免許は短期集中型で運転技術を取得できる、技能の乗車予約が不要というメリットがあり、通学免許は自分のペースで教習が進められる、自宅から通えるといったメリットがあります。もちろんデメリットとなる面もあり、例えば合宿免許に行くなら長期の休みが必要であり、通学免許は繁忙期に乗車予約が取りにくいといった点を考慮する必要があります。つまりどちらが良いかは一概には言えません。ライフスタイルや好み、費用なども考慮して、自分に合う方法を選んでいくしかないのです。

女性が一人で合宿免許へ行っても大丈夫?

合宿免許は友達同士で行くと、ちょっとした旅行気分が味わえて楽しいイメージがあるかもしれません。逆に女性一人で参加するとなると、安全面など大丈夫なのか不安を感じるものです。結論から述べると、女性一人で合宿免許に参加しても全く問題ありません。実際に行ってみると、意外と1人で来ている人も多いものです。最初はお互いにぎこちなくても、毎日のように顔を合わせていると自然と会話をするようになったり、教習所によっては教習生の親睦が深まるようイベントを企画してくれる所もあります。

もし安全面で不安がある場合は、女性専用宿舎がある合宿免許を選んでも良いかもしれません。オートロック、防犯カメラなどでセキュリティ対策は万全で、洗濯機や乾燥機が設置されている所なら持ち物も最小限に済ませられます。何より女性しか使わない施設なので清掃にも気を配り、清潔な環境で過ごせるという利点があります。

合宿免許の過ごし方

合宿免許は二週間程度で免許が取得出来るようにスケジュールが組まれています。この期間は団体行動であり、決められたスケジュールに合わせて規則正しく過ごしていかなければいけません。まず午前中は8時頃から朝食をとり、9時から12時頃まで教習となります。その後昼食を挟んで13時半頃から16~17時あたりまで教習があります。基本的に技能教習と学科教習がバランス良く組み込まれていますが、日によって教習時間は違います。朝から夕方までみっちり教習がある日もあれば、午前中のみ、午後のみといった日もあります。

教習時間以外は自由に過ごせます。教習所によって用意されているプランも様々で、例えば毎日の食事に目を向けると、格安で免許を取得できる自炊プランもあれば、グルメバイキングを楽しめるプランもあります。またカラオケルームやテニスコート完備、温泉や岩盤浴、エステなどの特典つきといった、女性の教習生に喜ばれるよう工夫している教習所がたくさんあります。色々楽しみながら教習を受けていきたい人は、女性人気の高い合宿免許・プランを探してみても良いかもしれません。

一人参加でも楽しめる合宿免許

一人で合宿免許に参加する事に不安を感じていた人も、行ってみると意外と楽しかったという声がよく聞かれます。合宿期間中、一緒に過ごすことで仲良くなれる人もいるかもしれません。もし合宿免許に興味があるなら、まずは資料を取り寄せ、自分に合ったプランを探していく事が先決です。

大学生が合宿免許に行くメリット・デメリットとは?

合宿免許で免許を取得することを考えている大学生は多いでしょう。そこで、合宿免許の流れや、メリット・デメリットなどを解説します。

合宿免許で免許を取得するまでの流れとは?

合宿免許での免許取得までの流れとしては、まず合宿が行われる教習所に行きます。交通手段は自由なところもありますし、決められているところもあります。中には、バスや電車のチケットが貰える教習所もあるでしょう。そして教習所に到着したら、説明会に参加したり適性検査を受けたりします。適性検査としては、視力や聴力、色彩判別能力検査などがあります。その後、第一段階の学科教習や技能教習を受けてください。学科教習では教科書などを使って、道路交通法やドライバーとして注意することなどを学びます。技能教習では、実際に車を運転します。

そして第一段階が終了したら、検定や試験が行われるので、合格して仮免許を取得しなければいけません。無事に合格できたら第二段階がスタートして、学科試験や、一般道に出て車を運転する技能実習が行われます。その後技能卒業試験が実施されて、無事に合格できたら卒業証明書が発行されるのです。そしてさらに、免許センターなどで本免学科試験というものを受け、合格すれば免許取得となります。

大学生が免許を取得するメリットとデメリット

大学生が免許を取得するメリットはさまざま。たとえば、友達と一緒に旅行に行く時に役立ちます。大学では、サークルやバイトでたくさんの友達ができて、遠出する機会が増える人もいるでしょう。その時に車が運転できれば、交通費が抑えられますし、目的地までの道中も楽しく過ごせます。また、大学を出たら就職するという人も多いでしょう。そこで、就職活動の際に役立つ可能性もあります。業種や職種によっては、車を運転しないといけないことも多いので、時間がある大学生のうちに取得しておくと安心です。

ただし、免許の取得には費用がかかります。一般的には25~30万円ほどかかりますし、合宿免許でも20万円程度はかかるため、大学生にとってはとても大きな金額でしょう。両親などに頼らずに自分で支払う場合は、アルバイトをしてお金を貯めなければいけません。勉強や遊び、サークル活動などにもお金を使うことが多いため、貯めるのに苦労する可能性があります。

大学生が合宿免許を利用するメリットとデメリット

免許合宿にはたくさんのメリットがあるため、大学生に人気です。たとえば合宿免許であれば、短期間で免許の取得が目指せます。教習所に通う場合は2~3ヶ月かかることが一般的ですが、免許合宿の場合は通常2~3週間程度で取得できるのです。忙しい大学生にはぴったりでしょう。また、費用が安いことが多いこともメリットの1つです。もちろん教習所や時期などによって異なりますが、閑散期であれば通常よりも5万円程度安いパックが販売されることもあります。大学生は夏休みや冬休みが長いため、閑散期を狙うのがおすすめです。

ただし、2週間程度のまとまった休みが必要であるというデメリットもあります。大学生であれば、バイトのシフトや授業の日程を調整する必要があるでしょう。

大学生のうちに免許を取得しよう

社会人になったら時間がなくて、免許を取ることが難しくなる可能性があります。まとまった時間がある大学生のうちに、取得することをおすすめします。

高校生が合宿免許に参加するメリットとデメリット

高校生でも運転免許を取得することができます。夏休みなどを利用して、短期間で免許を取得することが可能です。ここでは、高校生が合宿免許に参加することのメリットとデメリットについて解説します。

合宿免許に参加できる年齢

普通運転の免許を取得できるのは、18歳になってからです。そのため、合宿免許に参加することができるのも18歳だと考える人もいるでしょう。ですが、合宿免許には17歳から参加することが可能です。早い段階から始めることにより、少しでも早く免許が取得できます。ただし、17歳になったからといって、すぐに合宿免許に参加することができるかというと、それは違います。正確には、18歳の誕生日を迎える7日前から参加できるという教習所が多いです。その理由は、仮免許の試験は18歳を迎えなくては、受けることが出来ないからです。したがって、17歳で合宿免許に参加したいときには、誕生日までの日にちを考えることが大切です。いくら早く勉強を始めても、スケジュール的に試験を受けることができない可能性があります。

高校生が合宿免許に参加するメリット

高校生は、合宿免許に参加することによって様々なメリットがあります。ここでは、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。

費用を抑えられる

合宿免許のメリットは、費用を抑えて免許を取得できることです。合宿免許は、教習所によって異なりますが、基本的には最初に支払った費用のみでまかなえるので、追加料金の心配をせずにすみます。教習所のなかには、学割を採用しているところもあり、高校生のうちに参加しておくことで、安く運転免許を取得できる可能性があります。

時間に余裕がある

合宿免許では、仮免許の試験を受けるまで少なくとも約2週間前後はかかります。高校生の間なら、夏休みや冬休みなど長期的な休みがあるので、気軽な気持ちで参加がしやすいでしょう。

思い出作りができる

通学免許は、通うことを考えると近隣が最適ですが、合宿免許は宿泊しながらのため、地元から離れた地域を選択することもできます。なかには観光で有名な地域もあるため、合宿免許の合間に、観光地を巡ったり、ドライブやショッピングを楽しむこともできます。自分が行ってみたい地域の教習所を探すことによって、旅行気分で免許取得も可能です。

高校生が合宿免許に参加するデメリット

高校生が合宿免許に参加することで、メリットも得やすいですが、デメリットと感じることもあります。ここでは、デメリットについて詳しく解説します。

学校の許可が必要

高校の規則によって違いはあるものの、多くの高校では普通免許を取得する際には、通っている高校の許可が必要です。まずは、担任の先生に普通免許をとる理由と、合宿免許を受けることについて説明することが大切です。また、規則で禁止されているのにも関わらず、無断で合宿免許を受けた場合には、停学、または退学になる可能性もあるので注意しましょう。

孤独

合宿免許では、慣れない環境で1人で過ごさなくてはいけないため、孤独を感じることもあるでしょう。途中でホームシックになる可能性もあります。しかし、合宿免許には、様々な年齢の人が参加しているため、思わぬ友人ができる可能性もあります。自分から積極的に声をかけ、コミュニケーションをとるといいでしょう。

高校生が合宿免許を受ける前に

高校生が合宿免許を受ける前には、まずは参加できる年齢について知ることが大切です。それから、メリットとデメリットを知ることで、受けるかどうかが決めやすくなります。

大型自動車免許の取得条件や運転できる車両について

大型自動車免許はトラックの運転に不可欠ですが、その取得方法はあまり知られていません。取得するための条件や講習の内容、運転できる車両についてお伝えしていきます。

大型自動車免許を取得するための方法

普通自動車免許の所持が必須条件

大型自動車免許はトラックの運転に必須であり、普通自動車免許の次に取得する免許というイメージがありました。法律では普通自動車免許を取得して3年以上の運転経験が必要とされ、年齢も21歳以上からと決められています。無免許の人がいきなり大型自動車免許を持つことはできないので、まずは普通自動車免許を持つことが重要と言えるでしょう。

免許を取得する方法

大型自動車免許を取得するには普通自動車免許と同様に規定回数の教習を受ける必要があります。第1段階は12時限、第2段階は18時限の技能教習を受けることになります。また、第2段階になったら1時限の学科教習も受けます。第1段階の教習をすべて終えると修了検定を受けることになりますが、この検定は路上教習に必要な仮免許証の交付の可否を決める重要なものです。そのため、検定に合格しなければ次に進むことができません。また、第2段階の教習をすべて終えた後に受ける卒業検定に合格することが免許取得の適性検査を受ける条件です。第1段階の修了検定と同様に必ず合格することを目指し、努力する必要があります。

合宿免許なら短期間での取得も難しくない

限られた期間で効率的な教習を受けることができる

短い間に免許を取得するなら合宿免許が最適と言われています。規定の教習を受けて検定に合格するという免許取得までの流れは通所型の教習と変わりませんが、合宿免許はスケジュールが効率的に組まれているのが大きな特徴です。自動車学校によって多少の違いはありますが、約2週間ほどで必要な教習をすべてクリアできるようになっています。春休みや夏休みなど長期の休みを取りやすい期間は合宿免許の利用者も多くなるので早めの予約が欠かせません。また、合宿免許は原則として途中の欠席ができません。そのため、自身のスケジュール調整も慎重に行う必要があります。

大型自動車免許の合宿免許について

大型自動車免許の教習を合宿免許で受ける場合、まずは自動車学校のプランを確認する必要があります。教習に必要な大型車両は台数が少ないため、すべての自動車学校が大型自動車免許の合宿免許を受け付けているとは限りません。また、車両の少なさから人数も少ないことは珍しくないので、普通自動車免許よりも早めに手続きを行うのが賢明でしょう。費用は平均すると約20万円から30万円ほどです。

大型自動車免許を持つメリット

大型自動車免許を取得すると車両総重量が11トン以上、積載量が6.5トン以上、乗員人数が30人以上の車両を運転することができます。免許の種類で見れば大型の他に中型と普通、小型特殊と原付に該当する車両の運転が可能です。トレーラーやバイク、工事用の車両を除くほとんどの車両が大型自動車免許で運転可能と言えるでしょう。運転できる車両の種類が多ければそれだけ仕事の幅が広がり、就職や転職に有利です。

大型自動車免許はドライバーの目標

大型自動車免許の取得は決して容易ではありませんが、それだけに取得した時の喜びは特別です。また、運転できる車両の種類も増えることからドライバーの大きな目標と言えるでしょう。