Search
Search Menu
合宿免許所の出会い

中型自動車免許で運転できる車や取得方法を解説

就職などで中型自動車免許を取得しないといけない人もいるでしょう。そこで、取得方法や費用などを解説します。

中型自動車免許を取得してできることと取得方法

中型自動車免許を取得すると、車両総重量7.5t以上11t未満、最大積載量4.5t以上6.5t未満、そして乗車人数11人以上29人以下の車を運転できるようになります。具体的には、4tトラックやマイクロバス、ゴミ収集車などを運転するために必要な免許です。よって、トラックを運転する機会が多い運送会社などに就職する場合は、取得を求められることが多いでしょう。

そんな中型自動車免許を取得する方法は、3つあります。1つ目は、最も一般的だといえる、自動車教習所に通う方法。すき間時間に教習を受けて、しっかりと合格を目指すことができます。ただし、忙しい場合はなかなか教習所に行くことができなくて、取得までに時間がかかる可能性があります。2つ目は、教習所に通わずに、いきなり試験を受ける一発試験。費用が抑えられますが、難易度はとても高いです。一発合格ができる人は少ないでしょう。

そして3つ目は、合宿に参加して教習を受ける合宿免許です。一気に教習を受けるため短期間で卒業できますが、まとまった休みを取る必要があります。それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、自分に合う取得方法を選択しましょう。

中型自動車免許を取得するための条件

中型自動車免許は誰でも取得できるわけではなく、条件が定められています。その条件とは、満20歳以上で、普通自動車免許や準中型、大型特殊免許などを取得してから2年以上経過していることです。そのため、中型自動車免許を取得する前に、まずは普通自動車免許を取得する人が多いでしょう。さらに適性検査も実施されて、視力や聴力、色彩識別能力などの条件も満たす必要があります。

中型自動車免許取得の流れと費用

中型自動車免許の取得までの流れは、通学免許と合宿免許でほとんど同じです。教習所に入校したら、視力や聴力などの適性検査を受けます。その後、学科講習と教習所内で実技講習を行う第1段階教習を受けます。その能力をテストするための試験に合格すれば、仮免許の取得が可能です。続いて第2段階教習として、実際の道路に出る実技講習などを受けます。路上での卒業試験に合格すれば、やっと卒業です。そして最後に運転免許試験場や免許センターに行って適性検査を受けたら、免許が取得できます。なお、既に普通自動車免許などを取得しているため、学科試験は免除されます。

一発試験の場合は、仮免技能試験を受けてから本免技能試験に挑みましょう。合格すれば、応急救護講習を受けた後に免許が取得できます。なお、本免技能試験を受けるまでには、仮ナンバーを付けて運転の練習をしなければいけません。次に費用についてです。通学免許で、マニュアルの普通自動車免許を持っている場合は17~24万円程度、オートマの場合は21~27万円程度。合宿免許で、マニュアルの普通自動車免許を持っている場合は17~25万円程度、オートマの場合は19~30万円程度です。ただし時期によっても変動があります。一発試験の場合は、手数料や取得時講習受講料を合わせて約3万円です。

合宿免許で中型自動車免許を取得しよう

学生のうちに中型自動車免許を取得したい場合は、合宿免許がおすすめです。短期間で一気に取得しましょう。

準中型免許の取得について

自動車免許には種類があり、そのひとつとして準中型免許があります。普通自動車とも中型免許とも異なる準中型免許の取得について紹介します。

準中型免許とは

準中型免許とは、準中型車を18歳以上の人が運転する際に必要とする免許です。準中型車とは、車両総重量が3.5トン以上7.5トン未満の車、最大積載量が2トン以上4.5トン未満の車、乗員定員数が11人未満の車のことを言います。代表的な車両としては、コンビニ配送などで使用されている、保冷車をあげることが可能です。配送関係の車両を運転する際に役立つ、職業向きの運転免許といえるでしょう。準中型免許は、2017年3月12日から新設された免許であり、普通免許と中型免許の間に位置付けられている免許となります。準中型免許が新設される前は、20歳未満の若年層がトラックドライバーとして働くことは免許の取得年齢からできませんでした。

しかし、準中型免許が作られたため、高卒新卒者でも2トントラックを運転することが可能となり、トラックドライバーとして活躍できるようになりました。

準中型免許取得の条件

準中型免許の取得条件は、いくつかあります。年齢の条件としては、普通免許の取得条件と変わらず18歳以上であることです。視力は、片目の視力が0.5以上、両目で0.8以上、深視力が2.5メートルの距離で平均誤差が2.0センチメートル以内という条件となっています。このほか、色を識別でき、聴覚が正常であること、そして運転に支障が出る身体障害や持病を持っていないということも条件に入るでしょう。これらの条件を満たしていれば、準中型免許を取得するための教習所へと入校することが可能です。

準中型免許取得の流れ

準中型免許取得までの流れは、普通免許の取得までの流れと大きく変わることはありません。取得までの流れは大きく3つに分けることが可能です。ひとつが教習所へと通って教習を受け、卒業試験に合格して免許試験場で試験に合格するというもので、二つ目が教習所が実施する合宿免許を受けて、卒業試験に合格して免許試験場で試験に合格するというもの、そして最後が運転免許試験場へと行き、一発合格を目指すというものになります。これらのいずれかの方法をとりますが、通常は教習所へと通うか、合宿免許を受けることになるでしょう。各都道府県によって細かな流れは異なりますが、教習所へと入校した後は、技能教習と学科教習を受けた後に仮免許を取得し、さらに技能と学科の教習を受けた後に卒業試験に合格します。

その後各都道府県の運転免許試験場で試験と適性試験を受けて合格したならば免許が発行されます。

準中型免許取得にかかる費用と期間

準中型免許の取得にかかる費用と期間は、人によってそれぞれ異なりますが、おおよその期間と相場はわかっています。通学免許を選んだ場合、少なくとも20日以上の日数がかかり、35万円以上の費用が掛かるでしょう。合宿免許を選んだ場合には、最短でも18日以上の日数がかかったうえで、閑散期ならば30万円ほど、繁忙期ならば36万円以上の費用が掛かることになります。人気の時間帯や季節によって日数が変わるほか、習熟度によっても日数や費用が変わるでしょう。準中型免許教習のための車両数が十分にそろっていない教習所もあり、予約が十分に取れないこともあるので、スムーズに免許取得を目指すならば、合宿免許を選ぶのも手です。

準中型免許を取得しよう

準中型免許は18歳以上から取得することができ、合わせて普通免許の取得を目指すことも可能です。通学免許でも合宿免許でも自分の都合に合う方法を選び、免許取得を目指してください。

特徴は?取得までの流れは?合宿免許の基本

通学型とは何が違う?合宿免許とは

運転免許を取得する場合、大きく分けて、通学型と合宿型の2つの手段があります。通学型とはその名の通り、自動車教習所に通学して運転免許の取得を目指す方法です。一方、合宿免許は自動車教習所が用意した施設に宿泊しながら免許の取得を目指す方法となっています。合宿免許は宿泊する一定の期間内で免許の取得ができるようにスケジュールが組まれているため、短期間で免許を取ることが可能です。また、通学型だと、技能実習の際に毎回事前の乗車の予約が必要となりますが、合宿免許なら最初からすべてスケジュールに組み込まれているため予約は必要ありません。混雑している時期や人気の時間帯はなかなか予約が取れないこともありますが、予約不要なら時間のロスもなくスムーズに実習を進めることができます。

さらに、普段の生活圏とは離れた場所で、旅行気分を味わいながら実習を受けることができるのも合宿免許の魅力です。授業のない空いた時間は観光に出かけたり、共に取得を目指す仲間との出会いを楽しんだりすることもできます。ただし、当然ながら、ある程度の連続した休みが取れないと利用できない点には、気を付けなければいけません。普通免許なら2週間程度の日数を要することが一般的となっています。このため、合宿免許で運転免許の取得を目指すなら、夏休みなどの長期休みを上手に利用しましょう。

合宿免許の取得までの流れ

自動車免許取得までの詳細な流れは教習所によって異なるところもありますが、おおよそのスケジュールは同じです。まず、入校日当日に指定場所に集合し、入校に関わる説明を受け、必要な手続きを行います。運転免許の取得に求められる基本的な条件がそろっているか適性検査を行うのも入校日です。適性検査では視力や聴力、基本的な運動能力などについてのチェックが行われます。さらに、運転に必要な基本的な知識を学ぶ先行学科も入校日当日に行われることが通常です。

ガイダンスや先行学科などを終えると本格的な教習に入ります。実際の教習は2段階に分けて実施され、普通免許のうちAT限定であれば、最低でも第1段階に学科教習を10時限、技能教習を12時限受けることが必要です。一方、MTの場合、学科教習はATと同じ10時限ですが、技能教習は15時限となります。第1段階が終了すると終了検定と仮免許の学科試験があり、合格したら次は第2段階の教習です。第2段階では、学科教習が16時限、技能教習が19時限となっています。ただし、技能教習では、1段階は2時限まで、2段階では3時限までが、1日に受講できる上限です。そして、第2段階の教習をすべて終わらせ、卒業検定に合格すれば、ついに卒業となります。免許を取得するためには、卒業から1年以内に住民票を置く都道府県の運転免許試験場で行われている本免学科試験に受かることが必要です。

合宿免許に行くときの持ち物は?

絶対に持っていく物

合宿免許への申し込みを済ませたら、入校当日までに持参しておく物を用意することになります。必ず持参しなくてはいけない必須の持ち物は、本人確認書類、住民票、印鑑、筆記用具、視力が悪い方は必要に応じてメガネまたはコンタクト、そして申し込んだ教習所から送られてきた案内書です。本人確認書類は免許証を既に持っているなら免許証、これから始めて取得するのであれば、日本国籍の方は保険証またはパスポート、外国籍の方であれば、在留カードまたは外国人登録証明書、特別永住者証明書、健康保険被保険者証、日本国発行のパスポートのどれかが必要です。有効期限が切れているものは使えないので注意しましょう。住民票は本籍が記載されている本人のみ記載で、3ヶ月以内に発行されているものを準備して下さい。本人確認書類と住民票のデータは一致しているのが当たり前なので、用意するときに間違いがないかチェックしておきましょう。

生活に必要な物

期間は滞りなく進むことができれば、約2~3週間程度滞在して帰宅する流れになります。どの学校で学ぶかによって、宿泊施設で用意されている備品が違いますので、問い合わせのときに確認しておきましょう。短い期間ですが、生活に必要な最低限のものは準備しておかないといけません。着替えに洗面用具、タオルや洗剤、折り畳み傘があるといざと言うときにも助かります。ホテル宿泊のプランでも、合宿免許の場合はタオルやパジャマの備え付けが省かれていることがあるので要注意です。滞在中はほぼ勉強が中心となるのでそれほどお金を使うようなことはありませんが、いくらかの現金やキャッシュカード等も準備しておくと、困ったときにコンビニなどでお金を下ろして使うこともできます。連絡用のスマホや携帯、充電器も忘れずに持参しておきましょう。

あれば便利な物

必需品と最低限生活をするために持っておきたいものがあれば、後は鞄が重くならない程度に使えるものを持参しましょう。常備薬やドライヤー、絆創膏などは自分で持参しないと付いていないことが殆どです。コンタクトの方であれば、コンタクト用品は持参しておかないと周辺で購入する場所を探すのに一苦労する場合もあります。後は洗濯ネットや物干し、圧縮袋に替えの靴や、虫除けスプレー等もあると便利です。冬場は使い捨てカイロを持っていく方もいますので、遠方に行く場合には他の人に風邪を移したりしないような配慮をしてマスクも準備しておくと安心です。

合宿免許って…?

通学型との違いについて。

合宿免許って一体どんな感じなんだろうって思われてる方非常に多いですよね。まずは、通学型との違いから見ていきましょう。まずは、大きく違うのが費用です。合宿免許は通学型に比べて費用が非常に安く、20万円前後で取得できるのに対し、通学型は30万円前後かかるのが一般的です。次に取得期間について、合宿免許は2週間前後で仮免許を取得することが可能になっていますが、2週間拘束されなければいけません。しかし、通学型は自分のペースで免許を取得することができ、1、2カ月程かけ教習所を修了することとなります。また、路上教習では合宿免許だとその土地での路上教習になるので、交通量が少なく、交通量が多いところでの教習が出来ないと言ったことがあります。その点、通学型は街中で路上教習ができるのでより実践的な路上教習になると言えるでしょう。

長期休みを有効的に!

合宿免許に行くとしたら間違いなく長期休みになるでしょう。長期休みに合わせて合宿免許に参加しやすいように、場所が少し離れていても往復の交通費は支給する教習所がほとんどです。そして、地方の教習所は様々なプランを用意しています。教習が休みの日にはさまざまなアクティビティを用意しているところがほとんどです。夏休みに行けば海の近い教習所では海で遊んだり、花火をしたり、温泉が近い教習所では無料送迎バスで温泉に行ってリフレッシュするなど、時間を有効的に使うことができます。また、テニスコートや体育館を併設している教習所もあり、休日や教習の合間に体を動かすこともできます。免許取得は通常は人生に一度きりですよね。そんな免許取得のタイミングで、仲の良い友人たちとリフレッシュも兼ねて合宿免許に参加し、思い出作りをするのもいいですね!

1人でも合宿免許って参加できるの?

答えはYESです!各教習所は複数人で参加するプランの他に、1人で参加できるプランもあります。しかし、その場合は殆どが2人部屋の相部屋になってしまう為、相部屋が苦手な人は1人部屋のプランを予約するようにしましょう。1人で淡々と免許取得に向け、教習に励むのもよし、休みの日は誰の目も気にせずに伸び伸びと過ごすのもいいですよね。ですが、合宿免許では様々なバックグラウンドを持った人たちが集まり、同じ教習を受けます。新たな出会いもあり、その出会いが自分を変えてくれるなんてこともあるでしょう。生徒や教官など、さまざまな人たちと関わることもできます!1人でも気兼ねなく参加しましょう!

一般的な合宿免許の過ごし方

教習所の入校初日のスケジュール

免許合宿は入校から卒業するまで定められたスケジュール通りに行動することが義務付けられています。まず最初に行われるのがガイダンス及び適性検査です。一口に合宿免許と言っても教習所によって若干の違いがあるため、宿泊施設の過ごし方も含めて卒業までの大まかな流れについての説明が行われます。
合宿のスケジュールは個別に異なるので一概には言えませんが、ガイダンス説明後に早速学科や技能の授業が始まるケースも少なくありません。

卒業までの授業の流れ

初日に授業がなかった人は2日目から本格的な教習の開始です。学科教習は主に道路交通法や交通ルールについての勉強をします。技能教習は仮免を取得するまでは公道を走ることができないため、教習所内に設置されているコースで知識と技術を身に付けて行くのが基本です。通学と違って予めスケジュールが決められているので大きな問題もなくスムーズに教習が進めば6日目に第一段階の終了検定を受ける形になります。
仮免試験とも呼ばれるこの検定は、公道で走行できる技術を持っているかを確認する物で、減点方式で70点以上で合格です。万が一試験に落ちてしまった場合は再度試験を受け直さなくてはいけません。

無事に仮免試験に合格をしたら翌日以降の技能教習は公道で行われます。公道は他の車や歩行者などもいるため、教習所内での走行に比べて難易度が高くなるので注意が必要です。学科教習も仮免以降は内容が変わり、危険予測や応急救護など路上を走るために必要な知識の勉強が中心になります。トラブルもなくスケジュール通りに進むと14日目が卒業試験です。公道で技術や運転の適正を見極める試験が行われ、仮免と同様に70点以上で合格となります。70点を下回った場合再度試験となりますが、規定の日数を超えて滞在となる場合には別途費用が発生するので注意が必要です。

宿泊施設や空き時間の使い方

合宿免許の場合指定の宿泊施設に寝泊りをして生活をする形になります。宿泊施設はホテルや寮など教習所によって多少の違いはありますが、門限や食事の時間など決められたルールを厳守することが基本です。万が一ルールを守れない場合は途中で強制退所の扱いとなることもあります。
免許の教習で1日に受けられるのは学科が2~3時間、技能は2時間までと法律で定められているため、スケジュールによっては授業の合間に数時間の空きが出ることも珍しくありません。
こうした空き時間の使い方については特に指定はないので、観光を楽しんだり宿泊施設で体を休めるなど各々が自由に過ごせます。

合宿免許の自動車免許で乗れる具体的な車

普通自動車免許関係で乗れる車とは

多くの方が合宿免許を通じて取得する免許といえば、「普通自動車免許」が一般的です。普通自動車免許は、文字通り一般に走っている乗用車を運転するために必要な免許で、新規で取得する場合は普通自動車免許のほか、普通自動車2種免許と普通自動2輪免許が挙げられます。普通自動車免許は国内で販売されている乗用車のほとんどと、原付バイクや小型特殊自動車に乗ることができます。このため普通に生活していくには普通自動車免許があれば十分です。

普通自動車2種免許は、普通自動車を使って有料でお客さんを乗せるために必要となります。このためタクシーやハイヤーにお客さんを乗せて運転する場合は2種免許が欠かせません。ただしお客さんを乗せない状態でタクシーを運転する場合は普通自動車免許でも運転できます。

普通自動2論免許は、普通のバイクを運転する際に必要です。普通自動2輪免許でも原付バイクや小型特殊自動車の運転もできます。

準中型・中型自動車関係の免許で乗れる車とは

準中型・中型自動車関係の免許には次のような種類があります。新規で取る場合は、準中型自動車免許と中型自動車免許、中型自動車2種免許です。準中型自動車免許で運転できる車は普通自動車免許と同じく10人以下のものですが、総重量の点では普通自動車免許が3.5トン以下であるのに対し、準中型自動車免許で7.5トン以下と格段に幅広くなります。このため普通乗用車に加えて、いわゆる2トントラックも運転可能です。

中型自動車免許の場合は、定員も増えて29人以下の車両であれば運転できます。具体的にはマイクロバスサイズの車両であるため、幼稚園や介護施設などの送迎バスがその代表例です。中型自動車2種免許は、マイクロバスサイズの車両を使って有料でお客さんを運ぶ際に必要な免許といえます。この免許があれば車両のサイズによっては、地域を走るコミュニティバスの運転も可能です。

大型自動車関係の免許や原付免許、けん引免許、特殊免許で乗れる車とは

大型自動車関係の免許には、大型自動車免許のほか、大型自動車2種免許と大型自動二輪免許があります。大型自動車免許では定員30人以上の車両を運転できるため、観光バスサイズの車両を無料で運転する場合に使われることが多いです。大型自動車2種免許は路線バスや観光バスを業務で運転する際に必須の免許で、特にバスの運転士として活躍したい場合は取得をおすすめします。大型自動二輪免許は普通自動二輪では走ることのできない400cc以上の2輪車に乗れる免許です。

合宿免許で取得できる自動車免許には、ほかにも特殊なものがあります。まず原付免許はスクーターなどの原付バイクを運転できるものです。けん引免許は事故車などを引っ張る際やトレーラーの運転に必要となります。けん引免許にも2種免許がありますが、実際に使える場所は多摩を走る温泉へのバスだけです。

特殊免許には小型自動車特殊免許と大型自動車特殊免許、大型自動車特殊2種免許があります。小型自動車特殊免許は、特殊な形になっている小型自動車を運転できる免許です。小型自動車は具体的にはトラクターのような農作業機械や、フォークリフトのような倉庫内作業で使われる車両に乗れます。大型自動車特殊免許は小型自動車特殊免許で運転できない車種に必要で、クレーン車やブルドーザーなどの建築機械を運転する際に欠かせません。大型自動車特殊2種免許については日本国内を走る車両で運転できるものはありませんが、確かな運転技術を証明するにはうってつけの免許です。